生涯現役において大事なこと!キャリア相談の豆知識や関連基本情報を紹介!

人生100年時代の今、生涯現役で仕事を長く続けてプライベートも充実させたいものです。
このサイトでは、生涯現役を志すキャリア相談の豆知識や基本情報を紹介します。
ほかにもキャリアに関する相談を受ける時に、どんな心構えが必要なのかやキャリアについて相談することで得られるメリットなども詳しく紹介していきます。

生涯現役において大事なこと!キャリア相談の豆知識や関連基本情報を紹介!

生涯現役で長く仕事を続けたいという人に向けて、キャリア相談の豆知識を紹介します。
定年前はバリバリ働いていた人も、定年後に再雇用や再就職で働くなら以前とは違う生活が待っています。
キャリア相談を受けることで、これからどんな生き方をしたいのかも含めて自分の人生を考えられます。
現役時代に身に着けたスキルや経験を活かして働きたい人も、ペースダウンしてプライベートを楽しむ時間を作るのも一案です。
これまでとは全く違う仕事に挑戦してみたい、という人もいるでしょう。
キャリア相談を受ければ、自分のライフプランやマネープランも含めた生き方をまるごと考えられ、納得いくキャリアを探せます。

定年年齢引き上げにも重要!キャリア相談で仕事の喜びとやりがいを再認識しよう!

出来るだけ長く働きたいと考える人も増えた時代、定年年齢引き上げにも重要になってくるのがこれまでのキャリアです。
積極的に利用をしたいのがキャリア相談であり、自分にとって積み上げてきたこと、価値や強みなどの棚卸も兼ねて、仕事の喜びとやりがいを再認識することができます。
長く働いてきたあらこそ、誰にも負けないくらいのる読みを持つ人は多いもの、でも本人も気が付かなかったような、さらに高い価値観が秘めているかもしれません。
自分への理解がさらに深まるのもキャリア相談の良いところ、自分はどのようなスキルを持ち、職業が適しているかも再確認をすることができます。
過去に経験を積んだこと、そのプロセスなども含めて、どのように仕事と関わるべきかなど、適切なアドバイスももらえるのも良いところです。
明確に仕事に対しての気持ちを把握できるので、ライフ計画もはっきりと立てやすくなります。
働くことでの喜びは何か、またやりがいなども再度確認できるのはメリットです。

キャリア相談は信頼のおけるキャリアコンサルタントなど有資格者にお願いするのが賢明!

相談ができれば誰でも良いというわけではなく、キャリア相談をするならおすすめは、信頼のおけるキャリアコンサルタントなど有資格者にお願いすることです。
無資格だから相談ができないわけではないですが、資格がある人にはそれだけの知識という強みがあります。
社会的にも注目をされるキャリアコンサルタントなどは国家資格、積極的に起業への導入も進められているくらいです。
これほど必要性が高まったのは、キャリア形成を本人で行う時代になったためであり、働き方も以前より多様化しました。
的確なカウンセリングを中心に行うため、掘り下げて理解できるのが自己のことです。
意志が決まれば目標達成に向けて、必要になるスキルは何か、知識は何かを含めての計画を立てていきます。
具体的に取り組みへ進めることができるため、相談者はスキルを十分に発揮できるようになります。
全部指示するわけではなく、本人の自己理解とともにキャリア相談で、成長を促進させるサポーターになるのがキャリアコンサルタントです。

キャリア相談で求められるコーチのスキルその①傾聴・質問・承認ができ緻密な計画立案

キャリア相談におけるコーチのスキルには、傾聴・質問・承認というコミュニケーショスキルが必要なのが大前提です。
キャリアを伸ばすためには本人自身がキャリアアドバイザーを通じて話を膨らませる必要があり、質問によって相談者の考えを刺激します。
そして、話してくる言葉を傾聴することでさらに相談者の考えを広げていくのです。
仮にここで否定すると相手の考えや思考をストップさせてしまうため、原則としては承認していき話を広げるのがキャリア相談の極意です。
付け加えるなら広がった内容をもとに、緻密な計画立案ができるとさらにアドバンテージが高まります。
話すことで相談者が自分の考えを整理できるというコミュニケーションスキルに加えて、話した情報から計画を組み立てて案として提示すればより具体性が高まり明確になるからです。
もちろん最初は緻密に作る必要は無く、相談者と検討しながら緻密にしていけばより納得性の高い内容になることでしょう。

キャリア相談で求められるコーチのスキルその②行動を促すフィードバックの実践

今回はコーチ(指導者)側が他のスタッフとキャリア相談を行う際に必要な「行動を促すフィードバック」をうまく実践できるためのポイントを紹介したいと思います。
そのポイントは「傾聴・共感的理解・自己一致」と「具体的なアドバイス」です。
スタッフとキャリア相談を行う際は、カウンセリングのスタイルと同じように行えばよいです。
相手の悩みや不安に抱えている内容を正確に把握するために、相手の言葉を聞いてそれをオウム返しをして繰り返し言葉にしながら傾聴し、相手の考えていることや悩んでいることを共感できるようにしていき、最終的には相手の悩みや不安を理解できるように自己を相手に近づけることが重要になります。
そしてカウンセリングが終わったら、相手の手助けになるようなフィードバックをしてあげましょう。
この時に、できるだけ具体的なアドバイスをしたほうが相手側にとってすぐに行動に移しやすくなります。
ただし、強要しているようなアドバイスになりかねないように優しく落ち着いたトーンで話すのが良いでしょう。

キャリア相談に関する情報サイト
キャリア相談の豆知識や関連基本情報

人生100年時代の今、生涯現役で仕事を長く続けてプライベートも充実させたいものです。このサイトでは、生涯現役を志すキャリア相談の豆知識や基本情報を紹介します。ほかにもキャリアに関する相談を受ける時に、どんな心構えが必要なのかやキャリアについて相談することで得られるメリットなども詳しく紹介していきます。

Search